個展を終えて

12月1日から、
勝どき橋の近く「@btf」という
倉庫を利用したギャラリーで、個展を開く事となった。

ことの経緯は、
【キリンの焼酎白水】で、
出会ったプロデューサー(清本久美氏・東本三朗氏)
そしてギャラリーのオーナー青木氏と、
広告業界の大御所と言われる枡岡 秀樹といった人達が、
挾土秀平の表現をもっと多くの人達に見てもらおうと、
             無償で動き、実現させてくれたものであった。

“個展を終えて” の続きを読む

畏れと希望

おまえはだれ・・・なにがしたい
黒雲を見あげてはならない
風が噛みちぎってすぎているのを
            感じてはいけない。
動いている気配、黙々と群れた行進。

なにを求めている

壊れて立ちのぼる結晶
ほんとうに望んでいるのか?
白い樹林がゆれて炎にかわる。

それは近くか
まだ遠いのか?

“畏れと希望” の続きを読む

土と水陽 ?

夏草のひとり道で
笛の音が風にのってとどいてくる

都会の雑踏の孤独の中で、
なつかしい曲が風にはこばれて自分を包む

そのまま・・・・
自分の内が静かになる。

水平に長い雲間からの十字の逆光にむかい

生まれてきてから・・・

そんな香りに近い記憶の
それ以前の知らない自分を知るような・・・・

水たっぷりの泥が
乾いた土の肌合いには、
深いなにかが、秘められている。

“土と水陽 ?” の続きを読む