高山、《有巣》船坂酒造の事件

そもそも十年前に職人社秀平組を結社したのは、
同じ会社内で憎しみあったり、いがみあったりすることに
我慢できなかったから。

仕事とは、お互いが認めあったり、追求して高めあったりするもの。
そういう思いで我々は安定を捨てて、飛び出したのだった。

もっとも嫌なことは、人と争うこと。それに尽きる。

“高山、《有巣》船坂酒造の事件” の続きを読む

時の拡散

館の完成の夢を見つづけて

雨あがりに立った砂を
ザクザクと新しい靴音をたてて踏み
まだ、水滴を乗せた草を、
いつものように眺めている

夕べ見ていたのは、
月に照らされた鼠瓦の重く沈んだ影

“時の拡散” の続きを読む

虫との戦い

去年の9月頃だった。

この事務所に有名な建築家が訪れることになり、
いろいろ打ち合わせをした後、せっかく飛騨に来たのだから、

あの世界遺産の白川郷、
合掌造りを見たいという事になり、
自分の運転で案内することになった。

“虫との戦い” の続きを読む