職人の能力と目利き

時折、気の利いた骨董屋をぶらっとのぞくことがある。
            木製のシャレた重箱、和洋折衷の洋燈・・・。

数年前、
漆塗りの皿8枚セットに出会い、
とても手技とは思えない銀の緻密な象眼と、

クドすぎず程よいデザイン、
  そのセンスに惚れ込んで買い入れてしまったことがある。

“職人の能力と目利き” の続きを読む

悪い夢 3

都市の合理化が、恵みである水から離れ
生活以外の水を嫌い、水を弾く布や食器と暮らすようになる
便利追求の果てに、人間は弾く水を作ってしまう
生み出されてしまった弾く水の処理法はなく
自然水で薄めても、同化して巨大化する
土や身体に溶けず存在し、あらゆる潤いを断ち切る
見分けのつかない水の脅威に震えるだろう
弾く水は油のように海に漂う

“悪い夢 3” の続きを読む

師からの手紙 2

前略

ブログ拝受。

東京は雪
喫茶店の窓の外で雪が舞っている。

一つ一つの雪片は、一つ一つであるけれども、
              その一つ一つの軌跡は、

別な雪片の軌跡とたえず差を生み出しながら
     其々の距離をちぢめたり遠ざかったり、
         とどまったり浮き上がったりしながら

             アスファルトの湿った舗道に消えていく。

“師からの手紙 2” の続きを読む