本と自分

時折、ぜひ読んでくださいと、本が送られてくる。

大変、大変申し訳ないことに、
   自分はそのほとんどを読んだことがないから、
              まったく失礼なことだと思っている。

しかし、そう思うから、

いつかは読まなければと、
   自分が机に向かって座るすぐ後ろに、
         いつでも目に留まるようにと並べてあるのだが・・・。

“本と自分” の続きを読む