旅の石 ≪キプロスの旅1≫

バルコニーから見おろす水平線
         遥かな光の道を渡る船

ハイウェイに広がる草原に
         レンガ造りの小さな家が流れゆく


旅先の、大きな場面、場面の

渇きと
ザラザラと
なめらかさと
湿りけを

持ち帰ることも
身体に残すこともできなくて
          ただ黙るしかなく
               ひとつ石を拾う。

手のなかの石

そして旅はつづく・・・

また見知らぬ海が見えてきた
砂浜にたった足跡が波に消えると

手のなか私になった石を投げて
         冷たい石、またひとつ握る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です