春の命

子供の頃から、春が嫌いだった。

春になると、なにか息苦しくて、
   消耗してゆくような気持ちにさいなまれて

春とは=不安の匂いに包み込まれてしまう
         逃げ場のない季節、そんな感覚をいだいてきた。

“春の命” の続きを読む

大胆、人間味溢れる手紙

「是非、お任せしたいと思っておりますが、
       とりあえず、人気のあるもので
            無難なかたちになっていると有難いのですが」

「大変議論が深まっておりますが、
      本日スケジュールの都合上、ここで中断したいと思います」

「とても良いように思えるのですが、
           やはり、前例がありませんので判断しかねます」

「前向きに検討はしたのですが、
         諸般の事情をかんがみ、大変遺憾ながら・・・・・」

それに引きかえ、この手紙のなんと自由かつ豊かで大胆な事か。

“大胆、人間味溢れる手紙” の続きを読む