・・・歓待伝説。

いつものように若い衆達が、
2階の事務所に集まってくる

夕刻18:15、
紙コップ一杯目、薄めの焼酎が飲み終わったころ
それぞれが自由に、それぞれの距離で俺の前に座る。

この時間は昼仕事の実戦的な話ではなく、
思い付くままに、順序だてしないで

明日や、いつかを、
浮かべるような、
距離のある話をしたいと、意識している俺。

“・・・歓待伝説。” の続きを読む

籠わたし

ニューヨークから戻っていきなり・・・

ただでさえ、あわただしい年末年始に重なって、

抜き差しならぬ事柄が集中して、うろたえたり、
       
少し空いてボヤーンとしたり。

そうそうない
 
緊張の打ち合わせが終わったかと思うと、
   
    数百円の領収書と、
        請求書の整理に追われたり、

“籠わたし” の続きを読む

【遠笛】記200回の夢を語ろう

《 このブログを読んでいる、皆様へ 》

子供の頃から本も読まなければ、
学校の作文さえ、まともに書いたことがなかった俺。

そんな俺が、200回ものブログを書き続けた事に
                自分でも驚いてしまう。

ブログ【遠笛】のアクセスは、
           1ヶ月に、おおよそ5000回。

“【遠笛】記200回の夢を語ろう” の続きを読む