ある左官の死

数日前、ひとりの左官が死んだ。

その知らせを聞いたのは、葬儀が終わったあとだった。

その左官は、自分に土の入り口を開いてくれた人
          キッカケを作ってくれた恩人だったと思っている

            出会ったのは、ちょうど30歳になった頃だった。

“ある左官の死” の続きを読む

坂東眞砂子さん


(くちぬい 中表紙)

1月の終わり、
直木賞作家、坂東眞砂子さんが亡くなられた・・・。

坂東さんとは、2010年の8月、
六本木のBARで、はじめてお会いして

俺のバッグの中に
   ねじ込んで捨てなかった、
         ボロボロの新聞記事に、

ギョッと目を開いて
あなた、変わってるわね?っと、笑われた事を覚えている。

“坂東眞砂子さん” の続きを読む

敗者。

1983年、オーストリア・リンツ市で開かれた、
   
            【第27回技能五輪国際大会】

競技は3日間続き、

8時間、8時間、7時間の23時間内で、
             より早く、より精度ある完成を競う。

当時21歳だった俺。

当然、メダルを期待されて
    左官部門の代表として競技台の前に立ち、

封筒の中に入っている課題=図面を取り出して、
                 一斉にスタートした。

“敗者。” の続きを読む