夜の気配                  2009.11.11 記

深夜の点滅信号。
赤と黄の十字の光が、小雨ににじみ、
           濡れた路上のアスファルトに、吸い込まれている。

ひっそりと、ひとけの消えた街並み・・・・

         郊外の暗闇の路上に立つ街灯・・・・

             黒くゆらめいて反射する川面のきらめき・・・・


そんな深夜の風景は、
昼間の陽射しと、人々にかきまぜられた気配も沈んで、

自分は、
その止まった気配の中で、

静かにその上澄みの空気を吸い、
     張りつめていた緊張感や警戒心をゆるませる。

ひとびとが寝静まった、冷たい外気と、うす暗いひかりを、
              この内側に取りこんで染まり、

体温を吐きだしつづけていると、
         体が少し透けてきて、
いま自分が、
   ここにあることを、あらためて知り、孤独な安心を覚える。

そしてただ自分を問い、目的もなく、探し過ぎてゆく・・・・。

この世界では、音はいらない。

ひとつの音が、あまりに心に届くので、
 不意な物音に襲われれば、心の芯に亀裂がはしり、
           無防備な自分がこわれてしまう。

わずかな流れ、淡く薄らいだ風の声・・・・

枝葉が触れあう、
   かすかなざわめきに包まれて、
              そのままを・・・

無音の景色に変えるとき、
    遠く闇を見通す眼が知らず備わっている。

さわさわと枯葉を踏み、
      木の実を拾いあげている、
          この影の指と、紺色の映った瞳。

そこでは、所詮自分も、
拾いあげた木の実も、
   なんら変わりのない一部としての意味しか残らず、

その最後には、自分の価値や姿も消えさってしまう。

押しつぶされそうな大きさで、流れている雲の下で、
           ひろがる静けさに、たたずめば

いまここに、自分の呼吸という自然の音、リズムがあるだけだ。

ささやかに・・・・ 
ひそやかに・・・・

できるかぎり無垢なままに、
   必要以外の知識を自分の中に入れないで
        激しさだけを心に残し・・・ 置いておく。

ただ、通りすぎている気配の中へ、
       ・・・とらえようもない無意識の中に

・・・・形ではない、流れるものの、
      音もない激しさの中で・・・
          ひとり、こころを響かせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です