時の拡散、旧家にて

黒く煤けた梁のたわみ

生あたたかな中庭からつづく
         くすんだ土間の旧家の片隅。


折り重なった深いひさしの影の下で
           丸い籐の椅子に腰かけている

誰もいない土間に置かれた
       スピーカーのピアノの音と
             古井戸をかしめた錆びた鉄。

なんという静かな陽ざし
なんという静かな影

土間に映る、
光と影を分けた一本の境界線に
自分を忘れるような時間が流れていた。

繰り返している
無人の鍵盤のひびきに
自分を忘れている時間が流れていた。

ひとつ、またひとつ
響く静けさのなかで

痛さと、息苦しさに
        引きもどされて気づく

籐の椅子に腰かけている
古井戸をかしめた錆びた鉄を見ていた自分。

光と影と、ピアノの音・・・・
         
          旧家のひさしの昼下がり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です