真空の時

雲ひとつない青高く
こぼれて落ちる、カラカラン
まぶしい光なつかしく
手かざしの眼で仰ぐと
冬の身体はひび割れて
ふりそそぐ音、カラカラン


空に枯葉がこすれあう
一面の落ち葉、カラカラン
私はわたしをにじませて

だれも知らぬ顔と
だれにも聴こえぬ声となり
このひび割れた裂け目から
身体の蒸気が奪われる

乾いた斜光が天上に
地表はからっぽ、カラカラン
あたりは真空切りとられ
正午の針も息を止め
空もからっぽ、カラカラン

雲ひとつない青に光はかすれ
私はわたしを忘れ去り
空は流れて、カラカラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です