雄勝、荒浜の風の中

山の国、飛騨の職人衆が、今つくりあげている
《 4 × 40m 》の土の大壁面制作の挑戦は、壁と戦っているのではない

風、風、風、・・・
     風におびえて、風と戦っている真っ只中。

人間と自然を繋ぐのが職人技能 = その環境いっぱいの対応で
               この場とどう折り合うかの情熱と知恵だ。


何が正解なのかわからない
現場対応とは答えではない。

予定変更、
部材や工法の考え直し、
やり直しなんてあたり前

走行距離10時間以上離れた雄勝町で、
           11月29・30、1日が最後の山場となる。

美しく厳しい、荒浜の風の中・・・
          不安と情熱をひめて働く、
                精一杯の職人衆を、

                       こころから誇りに思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です