いつかの土に

林のなかを歩いている

同じ道の、
同じ岩をめぐり
同じ樹のあいだを抜けて

毎日をすりこむように
歩いている


あとは、
降りそそいでいる
自分に聴こえる声を選び

身体から湧きでるままに従い
うつろいに従い

踏みしめられた動脈の道と
苔むした静脈の道が林にめぐる

嫌なものを嫌という、
それと、綺麗なものを見ていたい

想像をつめたいつかの種と
いつかの土を耕していたい

そうして

影のような輪郭で
火のまえに座り

語られるほとんどを捨てながら

語りかける者の姿を陽炎にして

煙のようにゆれているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です